研課題
J-GLOBAL ID:202104010318955867  研究課題コード:10101778

構造を持つ高強度光反応場を用いた「サブナノ合金微粒子」の作製

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 多元物質科学研究所, 助教 )
研究概要:
本研究開発では光照射だけでサブナノメートルオーダーの合金微粒子を作製すことを目的に研究を行った。申請者は金・白金・銀イオンを含む水溶液やこれらの混合水溶液を対象とした高強度レーザー照射により、粒径が2nm程度で単分散の金・白金・銀ナノ粒子やそれらの合金ナノ粒子の作製に成功した。一方で、極短パルスレーザーの横断面偏向分布を制御し、焦点付近に構造を持つ光反応場を形成することで、作製される粒子のサイズをさらに小さくすることが可能であることも示した。本申請研究ではこれまでに得られている知見を元に、構造を持つ光反応場をもちいてサブナノ合金粒子の作製を目指した。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る