研課題
J-GLOBAL ID:202104010369419625  研究課題コード:7700000924

薬剤耐性化問題の克服を目指した多剤排出蛋白質の薬剤認識機構の解明とその応用

体系的課題番号:JPMJPR0268
実施期間:2002 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 産業科学研究所, 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR0268
研究概要:
多剤排出蛋白質は、細胞から抗生物質や、抗がん剤などの多種多様な薬剤を排出する膜蛋白質です。細胞に入って有効性を発揮する薬剤を、細胞外に排出して、それを無効にしてしまいます。これは院内感染や、抗がん剤耐性の主因であり、臨床上大きな問題になっています。多種の薬剤を認識して排出してしまう仕組みを構造的に明らかにすることにより、これら薬剤耐性化の問題に対する特効薬の開発につなげます。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生体分子の形と機能
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る