研課題
J-GLOBAL ID:202104010499786506  研究課題コード:20344945

糖脂質GPIの糖鎖構造多様化メカニズムの解明

体系的課題番号:JPMJAX201B
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 高等研究院, 特任助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJAX201B
研究概要:
糖鎖修飾は主要なタンパク質の翻訳後修飾であり、タンパク質の機能や局在を制御します。主要な糖鎖合成経路は確立されつつありますが、糖鎖の大きな特徴である「多様性」を生み出す分子基盤は全くわかっておらず、糖鎖研究分野における最大の課題の一つです。本研究では、タンパク質の糖脂質修飾であるGPIアンカーの糖鎖部位の構造多様化メカニズムを、これまでにない細胞内輸送経路の観点から解明することに挑戦します。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生命と化学
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る