研課題
J-GLOBAL ID:202104010571154633  研究課題コード:11103952

アルミニウム合金の高疲労強度化を目的とした超微粒子衝突プロセスによる界面レス改質層創製

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 理工学部 機械工学科 )
研究概要:
本研究開発課題では、既存の微粒子衝突プロセスを超微粒子域まで発展させることにより「界面レス」改質層を創製させ、アルミニウム合金の高疲労強度化を目標としている。そのため本年度は、超微粒子の飛翔速度解析および衝突解析の結果(昨年度実施分)をもとに実験パラメータを設定し、アルミニウム合金に対して超微粒子衝突プロセスを実施した。その結果、超微粒子衝突プロセスを施すことにより、超高サイクル域においてアルミニウム合金の疲労強度が改善した。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る