研課題
J-GLOBAL ID:202104010618446115  研究課題コード:20347395

不揮発化・安定化技術を付加したヨウ素殺菌剤の開発

体系的課題番号:JPMJTM20BF
実施期間:2020 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理工学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20BF
研究概要:
ヨウ素は揮発しやすいため、低濃度で保存することは難しい。申請者は、ヨウ素と極めて安定的な複合体を形成するノニオン性界面活性剤を見出し、殺菌性の増強効果も確認できた。本研究では、不揮発化・安定化技術によって、既存ヨウ素殺菌剤に対して低濃度のヨウ素(1/4以下)で、有効性期間を数十倍にした新規殺菌剤を開発する。具体的には、1界面活性剤による複合体化でヨウ素を3ヶ月以上保持できる条件を検討し、さらに各種材料表面にヨウ素・界面活性剤複合体を散布・塗抹し、ヨウ素残存性を殺菌力から評価する。2複合体構造を解析して、殺菌メカニズムを調べる。3ヨウ素複合体の殺菌スペクトル(細菌、真菌、ウイルス)を明らかにする。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る