研課題
J-GLOBAL ID:202104010687101332  研究課題コード:12102671

微小部応力テンソル実測用負荷ステージの開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 多元物質科学研究所 )
研究概要:
機械的特性のみならず電子的・熱的にも影響が必至の局所応力をテンソルで実測することが可能となった。研究代表者の25年にわたる研究結果をふまえて様々な多結晶材料における最小径50ミクロンの微小領域での実測が出来るため、亀裂先端での集中応力をその方向とともにテンソルとして求め、構造体の安心・安全、外部負荷への信頼性確保に資する。 本課題申請では1992年既出願の方式をベースに、試料ステージ上で曲げ応力負荷ができる治具を開発し、種々の多結晶材料でX線応力定数を求めてセラミックス・金属接合界面、耐熱材料およびセラミックスの人工亀裂先端など局所の集中応力テンソルを実測して寿命予測などに活用する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る