研課題
J-GLOBAL ID:202104010868594578  研究課題コード:17942267

高速原子間力顕微鏡1分子計測のデータ同化による生体分子4次元構造解析法の開発

体系的課題番号:JPMJCR1762
実施期間:2017 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1762
研究概要:
高速原子間力顕微鏡 (高速AFM) は、わが国で開発され、単一のタンパク質やDNA分子の3次元構造の経時変化(4次元構造)を観察できる唯一の計測技術です。中程度の分解能をもつ高速AFM計測から高精度情報を得るために情報科学との融合研究が必要です。本研究は、データ同化と分子シミュレーション法によって、高速AFM計測からの生体分子の高精度4次元構造解析法を開発し、それを応用して創薬開発に貢献します。
研究制度:
上位研究課題: 計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る