研課題
J-GLOBAL ID:202104011012612440  研究課題コード:7700009967

マンネンタケ(Ganoderma lucidum)抽出物の骨密度低下抑制メカニズムの解明

実施期間:2005 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 農学研究院森林資源科学部門 )
研究概要:
骨粗鬆症は骨量が減少し、骨の強度が低下することで骨折のリスクが増加する疾患である。骨粗鬆症は閉経後骨粗鬆症と老人性骨粗鬆症に大きく分類され、いずれも自覚症状がないままに進行していく。そのような状況においては、安価で安全な食品として骨粗鬆症の予防や改善に効果のある成分を日常的に摂取することが、骨密度の低下や骨折率の増加を防止するうえで有効な手段であると考えられる。近年の高齢化社会に伴い、医療費の自己負担増、保険機能の破綻が危惧されており、安価で効果的な機能性食品による骨粗鬆症の予防・治療の重要性がますます増加している。本研究では、古くから、和漢薬、民間薬の上薬にランクされ、そのエキスには、抗癌活性・糖尿病改善活性などが知られており、食品としても加工可能な素材であるマンネンタケ(Gaoderma Iucidum)に着目し、骨粗鬆症予防・改善に有効な代替医療・民間療法として利用可能な素材の開発を目的として研究を行う。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る