研課題
J-GLOBAL ID:202104011330376070  研究課題コード:14537865

排水全量の放射能モニタリング装置の実用化開発

体系的課題番号:JPMJSN14C1
実施期間:2014 - 2016
実施機関 (1件):
企業責任者:
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN14C1
研究概要:
排水処理施設において、処理水の放射性セシウム濃度を現場で全量モニタリングできる装置を開発する。本装置は、水による自己遮蔽型のモニタリング装置であり、7トン/時間程度の大容量、高速計測できることを目指す。本装置を実用化することで、中間貯蔵施設などの大量の排水処理が予測される状況においても全量モニタリングが実現可能となる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る