研課題
J-GLOBAL ID:202104011388223819  研究課題コード:13410746

石炭ガス化複合発電への利用を目的とした高ガス透過性新規CO2分離膜の創成

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所, 准教授 )
研究概要:
ポリアミドアミンデンドリマーをポリエチレングリコール架橋体内に物理固定した分離膜は、CO2/H2混合ガスからのCO2分離において極めた高い分離性能を発揮する。この分離膜の実用化を目的に薄膜化によるCO2透過性の向上を計った。この分離膜は相分離構造を形成するが、開発した相溶性架橋剤により、光重合法によって10ミクロン以下でも透明な薄膜の形成が出来た。また、スピンコート法により更なる薄膜化を行なったが、膜厚が160 nmにおいてもそのCO2透過流束は目標値に到達しなかった。これはCO2透過メカニズムが拡散律速から溶解律速になったためであると考えられる。今後はCO2の高分子膜への溶解性を向上させることにより、目標値の達成が可能と考えられる。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る