研課題
J-GLOBAL ID:202104011521580751  研究課題コード:09157611

火花誘起ブレイクダウン分光法を利用した点火プラグ実装型燃料濃度計測装置の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 自然科学研究科 )
研究概要:
本課題は、研究代表者の発明である火花誘起ブレイクダウン分光法(SIBS)を利用した燃料濃度計測装置の実用化に向けて、実用エンジンに装着できる点火プラグ実装型センサ、高応答・小型分光器を試作し、その測定精度・耐久性を評価するものである。この手法を用いれば、炭化水素系燃料だけではなく、既存の方法ではリアルタイム計測が困難な水素燃料への適用も可能となり、将来の水素社会へ向けて、水素エンジン着火時期の適正化や燃焼改善に大きく貢献できる。本研究では次のステップとして、(1)光ファイバ組込点火プラグの耐久性評価、(2)分光器の高応答・小型化、(3)ガソリン、水素でのデータベース構築、を実施する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る