研課題
J-GLOBAL ID:202104011550493167  研究課題コード:7700005778

ナノカーボンを用いた水素センサの開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 電気電子工学科, 教授 )
研究概要:
多層カーボンナノチューブ(MWNT)を絶縁性高分子に分散した薄膜の導電性は、MWNT への水素の吸脱着に伴って増減する。本研究では、この現象を利用した水素センサを開発する。研究の背景は以下の通りである。?自動車やモバイル機器の電源に用いられる水素は、環境負荷が少ない反面、爆発しやすい。?燃料電池実用化の最優先課題は水素漏れを検知するセンサの開発である。?既存の水素センサはPt、Pdなど高価なレア金属を用いており、燃料電池が普及するとそれが枯渇する恐れがある。そこで、レア金属を用いない水素センサの開発が求められている。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る