研課題
J-GLOBAL ID:202104011571568710  研究課題コード:08069588

河川水門制御用油圧シリンダ容積可変機構実用化のための性能向上策の検討

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部機械工学科, 助教授 )
研究概要:
河川水量調整用水路の水門開閉用油圧システムのコスト低減、省エネルギー化の観点から、シリンダ容積を可変としたシリンダ内圧力一定機構の開発を目指している。提案した機構は、作動油の温度が32°Cまでなら、実用化の目標圧力上昇値0.1~0.2MPa/1°Cに抑えることが可能であることが明らかとなった。本研究では、この機構の改良により、温度の上限値を夏場を想定した50°C程度まで引き上げることを目標とする。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る