研課題
J-GLOBAL ID:202104011654285728  研究課題コード:15655280

エクソソームRNA解析によるインフルエンザの予防・診断・治療基盤技術の創出

体系的課題番号:JPMJPR1533
実施期間:2015 - 2018
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 人獣共通感染症リサーチセンター, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1533
研究概要:
季節性インフルエンザは、毎年数千人前後の死亡を引き起こす重要な疾患です。現在使用されているインフルエンザワクチンは、発熱などの副反応を引き起こさないことに主眼がおかれ、十分な免疫力価を誘導できていません。本研究では、細胞から放出されるエクソソーム内のRNAを網羅的に同定し、そこから得られた情報を基に、安全且つ高い免疫力価を有するワクチン開発に向けた基盤技術を創出し、インフルエンザ重症化のメカニズムの解明を目指します。
研究制度:
上位研究課題: 疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る