研課題
J-GLOBAL ID:202104011738771148  研究課題コード:09158108

窒化物を利用したステンレスピアノ線の創製

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究院, 助教 )
研究概要:
ピアノ線は、フェライト鉄と炭化物(Fe3C)が層状に配列した組織を有するパーライト鋼を強伸線加工することで得られる高強度鋼線であり、構造物の軽量化、大型化・高層化を図るために不可欠な材料の一つであるが、耐食性や耐酸化性に乏しく、腐食環境下や高温での使用が制限される。本研究では、耐食性に優れたFe-Cr-N系合金で形成されるフェライト鉄と窒化物(Cr2N)の層状組織に強伸線加工を施すことで、強度と耐食・耐酸化性を兼ね備えたステンレスピアノ線の創製を試みる。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る