研課題
J-GLOBAL ID:202104011876084747  研究課題コード:11104287

診断法のない小児脳症の新規マーカーの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医学部, 教授 )
研究概要:
小児の熱性けいれん(引きつけ)は、重篤な中枢疾患が原因となっているケースがあるので、救急外来では(脳脊)髄液採取による診断が原則である。診断すべき疾患の中には、1 髄膜炎(髄液による診断は容易だが、強力な治療が必要)、2 けいれん重積症(鎮静剤の投与により完治)、3 脳症(代表的なインフルエンザ脳症では、50-60%の死亡率を示す)、以上の3者が含まれる。現時点では、けいれん重積症と脳症を区別するよいマーカーは存在しない。本探索において、申請者らが見出した、脳で作られる糖タンパク質GP-Xが脳症の髄液診断マーカーになることが示され、その迅速測定キット開発が行われ、十分な成果が得られた。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る