研課題
J-GLOBAL ID:202104011928269449  研究課題コード:09158042

CPT信号を用いた小型原子発振器の開発と応用

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 電子制御工学科 )
研究概要:
レーザー光による量子干渉効果(CPT信号)を用いると、マイクロ波共振器が不要となるため原子発振器の小型化が可能である。今回、マイクロ波周波数で変調された二つの波長のレーザー光をセシウム原子セルに照射することでCPT信号を取得し、この信号を用いて小型原子発振器を開発、周波数安定度を評価する。発振周波数は外部環境磁場に依存する。そこでこの発振周波数の変化を観測し、非常に高感度な磁気センサーへの応用を模索する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る