研課題
J-GLOBAL ID:202104012052982734  研究課題コード:12102813

抗体医薬品の抗体定常領域の迅速な改変方法の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院総合文化研究科, 教授 )
研究概要:
本課題では、抗体の定常領域を、従来法よりも遥かに簡便かつ迅速に、任意の配列に改変することができるCre-Inシステムを利用して、酵素融合抗体などの高付加価値な抗体の作製を目指した。その結果、二重特異性抗体の作製は未達であるが、他の研究目標は概ね達成した。具体的には、高ADCC活性抗体の特徴を持った変異型抗体のスクリーニング系の確立および取得に成功し、今後、各候補抗体のADCC活性について直接的な証拠を得る予定である。また、ルシフェラーゼや蛍光タンパク質を融合した抗体の精製および実用化に成功した。さらに、モノクローナル抗体から得た塩基配列情報を元に一本鎖抗体を設計した。今後、一本鎖抗体を他のモノクローナル抗体に融合し、二重特異性抗体を作製する予定である。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る