研課題
J-GLOBAL ID:202104012135508988  研究課題コード:18060743

高齢難聴者を対象としたインクルーシブ音デザイン:音環境の分析とガイドライン構築

体系的課題番号:JPMJKB1803
実施期間:2018 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 図書館情報メディア系, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJKB1803
研究概要:
本研究は、高齢者が安全に暮らすために不可欠な環境・情動情報を効率よく伝達するための音デザインを、模擬難聴技術を用いて検討する。フィールドレコーディングと企業連携によって環境音データを取得し、新たに開発する模擬難聴システムと難聴実験を用いて、それらの環境音を高齢者がどのように聞いているかを分析する。日本側と台湾側の構成員により、音デザイン、模擬難聴、聴取実験の3チームを作り、それぞれのチームにおいて日台共同の取り組みを行い、かつチーム間の連携も緊密に行う。 日台合同チームによる共同研究を通して、ハイレベルな模擬難聴システムの構築と、日台間に共通な音デザインの課題発見、日台の電気通信産業・サービス産業への貢献が期待される。
上位研究課題: 超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る