研課題
J-GLOBAL ID:202104012187853411  研究課題コード:21447645

コロナ後の脱炭素化社会を加速するIoTに適応した海洋波力発電システムの開発

体系的課題番号:JPMJTM20SE
実施期間:2021 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20SE
研究概要:
これまで,振動水柱型(OWC)波力発電に用いる新たなタービン(二重翼列波力タービン)を提案した.既存のウェルズタービンと衝動タービンを,仕切洞で機能的組合せ1つのタービンとし,OWC波力発電の欠点である起動性や発電機とのミスマッチを解消している.さらに,シンプルな機構,構造によるコスト低減,メンテナンスの容易さを生かした波力発電システムを作ることが可能である.この開発では,本タービンを浮体型で使用することで簡単にどこでも設置できるIoTに適したOWC波力システムの実現を目指す.そのために,様々な波の状況に応じた二重翼列波力タービンの高性能化および空気室の最適設計を行い,模型試験で実証する.
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る