研課題
J-GLOBAL ID:202104012256173207  研究課題コード:19189187

プログラムコードの整合性ある自動抽象化による表明強化の支援

体系的課題番号:JPMJPR17UA
実施期間:2019 - 2020
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , コンテンツ科学研究系, 特任研究員 )
研究概要:
プログラムコードにそのコードが満たす条件を付記し、デバッグやテストコード生成に利用する手法が品質向上に効果的である。しかし、十分に強い有用な条件を開発者が記述することは難しく、既存手法が自動で生成する条件も弱いという問題がある。本研究では、プログラムコードを抽象化してコードと整合性のある形式仕様を獲得し、その上で形式仕様の性質を利用した解析を行うことで条件を強化することを目指す。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 情報と未来
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る