研課題
J-GLOBAL ID:202104012303903197  研究課題コード:08069079

新規がん抑制遺伝子FLの遺伝子診断法

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医学系研究科 )
研究概要:
ヒト染色体分析から発見された癌遺伝子・がん抑制遺伝子を標的とした新しい抗がん剤の臨床開発が進んでいる。私達は低悪性度の濾胞性リンパ腫から中高度悪性群の瀰漫性大細胞型B細胞リンパ腫への形質転換に際し新たに出現した染色体転座より6番染色体長腕に位置する新しい「がん抑制遺伝子」を発見した。この遺伝子をTransformed follicular lymphoma (TFL) と名付け、その機能解析を進めてきた。本研究では、患者検体におけるTFL遺伝子欠損を明らかにする遺伝子診断法を確立することを目的とする。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る