研課題
J-GLOBAL ID:202104012480421224  研究課題コード:7700009405

暗号処理システムの高精度サイドチャネル解析技術の開発と応用

実施期間:2005 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院情報科学研究科 )
研究概要:
近年,暗号処理システムの消費電力や電磁波などを観察することで鍵情報を奪うサイドチャネル攻撃(実装攻撃)の脅威が指摘されている.本研究では,実装攻撃に対して高安全な暗号処理システムの設計およびその評価を目的として,システム内部におけるサイドチャネル情報の高精度な解析技術を開発する.具体的には,1)高空間分解能(0.14mm)を有するマイクロ磁界プローブによる消費電力波形の取得と,2)信号波形の位相成分に着目した相関(位相限定相関)による波形マッチング技術を組み合わせることで, 高精度な電力差分解析(DPA)の実現を目指す.また,暗号処理システムの開発には,本研究者が構築してきたデータパスモジュールジェネレータを利用する.
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る