研課題
J-GLOBAL ID:202104012999320379  研究課題コード:10102120

イムノクロマトグラフィーへの電気化学定量法の融合

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , その他の研究科, 准教授 )
研究概要:
本研究では、簡便性、迅速性、可搬性に優れた安価で小型な免疫診断デバイスであるイムノクロマトに、定量性と高感度化を融合したデバイスの開発を目標とした。免疫認識反応のシグナル分子として酵素を用い、酵素反応生成物をレドックスサイクリングおよび変換濃縮法を利用して高感度化を行った。通常に酵素免疫測定法と比較して、2-3桁程度の高感度化の可能性を示せた。さらに、酵素間の基質サイクリングを利用すると非特異吸着する標識酵素からの影響を無視でき洗浄工程を排除できる。ニトロセルロース膜および電極を組み込むことの可能なイムノクロマトデバイスを作製し、免疫反応で捕捉された標識酵素を電気化学的に計測できた。今後は、デバイスを用いて高感度化を遂行する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る