研課題
J-GLOBAL ID:202104013000340927  研究課題コード:12000080

メキシコ遺伝資源の多様性評価と持続的利用の基盤構築

体系的課題番号:JPMJSA1207
実施期間:2012 - 2017
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生命環境系・遺伝子実験センター, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSA1207
研究概要:
食糧生産の基盤となる遺伝資源を保存・管理する方法を模索 世界の食糧供給の安定化には、農業遺伝資源(農作物や家畜などが持つ遺伝子やゲノム)の多様性の保全・利用が欠かせない。本プロジェクトでは、メガダイバーシティ国家(生物多様性の豊かな国)17か国のうち4番目に多様な遺伝資源をもつメキシコで、遺伝資源の多様性評価、長期保存法の確立とその管理に関する研究を行う。最終的には、名古屋議定書やFAO食料農業遺伝資源条約等を勘案した「遺伝資源への公正で衡平なアクセスと利益配分」の実施モデルの確立を目指す。 国を超えて豊かな資源を分かち合うモデルのさきがけとなれ! 日本の科学技術協力により、メキシコのジーンバンク(遺伝資源の保管・管理施設)で遺伝資源の長期保存法とその管理法が確立されれば、国際法等の縛りの厳しい地域を超えた遺伝資源研究と国際間での利用における遺伝資源の利益配分の適正事例となる。その成果が食料安全保障や経済発展の生物学的な基礎となる。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生物資源
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る