研課題
J-GLOBAL ID:202104013038020322  研究課題コード:09000375

ガーナ由来薬用植物による抗ウイルス及び抗寄生虫活性候補物質の研究

体系的課題番号:JPMJSA0920
実施期間:2009 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医歯(薬)学総合研究科 )
研究概要:
ガーナ産ハーブに含まれる、感染症の有効成分を探し出す ガーナでは先進医療の理解と普及が十分ではなく、HIV、マラリア等の蔓延が深刻化し治療が立ち遅れている。その対策として、ガーナに自生し伝統的に感染症治療に用いられているハーブから、ウイルス複製や寄生虫増殖を抑制する有効成分を探し出す試みが行われている。ハーブがもつ有効成分の作用メカニズムを解明することで、ガーナの実情を踏まえ持続可能な感染症治療法の開発を進める。 ハーブから有効成分の抽出に成功! 複数のハーブ抽出物がHIV感染制御に有用であることを発見し、寄生虫トリパノソーマの増殖を抑制する有効成分を突き止めた。今後は動物実験での評価と作用メカニズム解明等を通して医薬品開発を目指し、同時に技術移転を進めて研究開発力の定着と発展を図る。
研究制度:
上位研究課題: 感染症
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る