研課題
J-GLOBAL ID:202104013118861778  研究課題コード:16667476

チョルノービリ災害後の環境管理支援技術の確立

体系的課題番号:JPMJSA1603
実施期間:2016 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSA1603
研究概要:
近年の環境変化等で懸念される“放射能動態変化”を把握する観測を強化 チョルノービリ原発の立入禁止区域では、放射性セシウム以外の放射能による汚染もあり、事故から31年経った現在も甚大な影響が続いている。同区域では2014年のポンプ停止によってクーリングポンドの水位は6mほど低下が生じており、化学環境•生態系の変化が予想される。 さらに、頻発する森林火災も放射能の移動に関わる懸念材料となっている。これらに対応した環境放射能動態の観測と予測の強化の支援に取り組む。 観測強化とモデル予測で立入禁止区域の有効利用を支援! 近年ウクライナ政府は、かつて避難した住民の帰還ではなく、土地の有効利用を目指したチョルノービリ立入禁止区域の再編方針を打ち出している。この区域ではセシウム137※よりもずっと長寿命の放射性核種も存在しているため、廃棄物の管理や太陽光パネルの設置、それに増加した野生動物の保護区設定等の土地利用を図っている。本取り組みから得られる放射能動態と区域内作業者の被ばく推定によって避難区域有効活用が進むことが期待される。 ※セシウム137・・・放射性物質の一種であり、質量数が137のもの。半減期は約30年とされる。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 環境・エネルギー(地球規模の環境課題)
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る