研課題
J-GLOBAL ID:202104013135459860  研究課題コード:08068632

DDSを目指した小口径炭カルナノチューブの合成法の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部応用化学科, 教授 )
研究概要:
無機化合物は一般に生体内で代謝されないが、炭酸カルシウムなどほんのわずかな化合物だけは代謝されるので、これらはDDSに適した素材である。代表研究者は直径が100nm程度の炭酸カルシウムのナノチューブの合成法を開発した。毛細血管の微少な穴を通り抜けるためには10~100nmがよく、透過を容易にするためには、現在の生成物よりもう少し小さいナノチューブとする必要がある。そこで本研究では合成条件を検討して、直径が100nm以下の微少ナノチューブの合成法を開発できるか見極める。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る