研課題
J-GLOBAL ID:202104013140743177  研究課題コード:18071193

ヒト/マウス人工染色体を用いたゲノムライティングと応用

体系的課題番号:JPMJCR18S4
実施期間:2018 - 2023
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学(系)研究科(研究院), 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR18S4
研究概要:
我々は哺乳類細胞において自立複製・分配が可能なヒト人工染色体(HAC)およびマウス人工染色体(MAC)を構築し、Mb単位の巨大なヒト遺伝子クラスターのマウス個体への導入にこれまでに成功してきました。本研究ではHAC/MAC技術を用いて、「Mb単位の合成DNAを目的細胞に効率的に導入する基盤技術開発」を行い、「ゲノム配列の動作原理の解明」と「産業応用および医療応用」のための基盤となる技術を開発します。
研究制度:
上位研究課題: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る