研課題
J-GLOBAL ID:202104013250368851  研究課題コード:20345326

メタな視点に基づく計算量理論の新展開

体系的課題番号:JPMJPR2024
実施期間:2020 - 2023
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 国立情報学研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR2024
研究概要:
メタ計算量とは、計算量を問う問題の計算量(=問題を解くために必要な計算時間などの資源)のことを言います。例えば、回路最小化問題や時間制限付きコルモゴロフ記述量を計算する問題の計算量がその例です。近年、計算量理論においてメタ計算量の研究が国際的に進展し、重要性が認識されてきました。本研究では計算量理論をメタな視点で統一的に見直すことにより、計算量理論の難問に進展を与えることを目指します。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 数学と情報科学で解き明かす多様な対象の数理構造と活用
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る