研課題
J-GLOBAL ID:202104013415917057  研究課題コード:7700007898

パノラマ写真を用いた仮想3D空間の生成と応用に関する研究開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 情報工学部, 教授 )
研究概要:
インターネット上に仮想3D空間(以下仮想3Dと略)を容易に実現し配信できれば、ディジタルミュージアム、観光案内、防災計画、地域振興、実地教育、空間アーカイブなど数多くの応用が考えられる。しかしリアリティのある仮想3Dを実現するためには、CG等の専門知識の必要性、開発期間の長期化、開発コストの増大、通信の過負荷など数多くの問題があった。本応募課題では、複数のパノラマ写真を組み合わせることにより、屋内外を問わず、仮想3Dを自動生成することを目指している。これによって上記の問題の解消を目的とする。これまでプロトタイプシステムを作成することで実現の可能性は実証できており、今年度は、実用化の可能性を探りながら、システムの本格的な実現を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る