研課題
J-GLOBAL ID:202104013557846289  研究課題コード:11103917

芯・鞘構造繊維を基材とする高効率Cs,Sr、レア金属イオン吸着繊維の調製

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学研究科ファイバーアメニティ工学専攻, 教授 )
研究概要:
ポリエステルを芯、エバールを鞘とする複合繊維ソフィスタからなるい不織布クラフレックスを基材に電子線照射法によりアクリル酸(AA)、グリシジルメタクリレート(GMA)を最高で370%までグラフト重合できた。GMAをグラフト重合したクラフレックスについては導入されたエポキシ環をさらに、イミノニ酢酸基およびチオール基に変換した。AAグラフトしたクラフレックスは高い金属イオン吸着性を示したが、選択性はほとんどなかった。一方、イミノニ酢酸基導入クラフレックスはレアメタルに対して高い吸着性と選択性を有していた。特にサマリウムSmの選択吸着性が高かった。この他、コバルトとクロムイオンを含む溶液中の両金属イオンをほぼ完全に吸着し、酸により脱着性能が異なることが明らかとなった。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る