研課題
J-GLOBAL ID:202104013692651315  研究課題コード:08080917

気候変動に対する水分野の適応策立案・実施支援システムの構築

体系的課題番号:JPMJSA0801
実施期間:2008 - 2013
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生産技術研究所 )
研究概要:
気候変動に対する水関連分野問題解決システムを構築する 近年、洪水・干ばつといった水分野の災害が拡大しており、今後の気候変動や土地利用変化などに伴う深刻化が懸念されている。この問題解決に向け、水資源の有効な管理法や水災害の軽減策のモデルを提示し、政策実施を支援するシステムの構築を行う。タイ気象局や王立灌漑局による既存の雨量観測網や現地調査情報によって数値シミュレーションの精度を向上し、気候変動や土地利用変化に伴う水循環の変動推計を組み込んで水循環情報統合システムを提案する。 チャオプラヤ川の洪水調査から実態を把握し、適応策を探る 観測データを集積するシステム、及び観測データと水資源管理のモデルを統合するシステムを構築した。2011年のチャオプラヤ川洪水緊急調査も実施し、実態解明を進めるとともに適応策立案に貢献した。今後は、これまでに構築したモニタリングシステムも組み込んだ水循環情報統合システムを公開の予定である。
研究制度:
上位研究課題: 環境・エネルギー(気候変動)
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る