研課題
J-GLOBAL ID:202104013746135857  研究課題コード:11104510

重金属及び放射性セシウム吸着能をもつ海藻炭の製造法の検討

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 農学研究科 )
研究概要:
炭焼き施設の海藻炭製造のための低温焼成炉としての利用可能性を検証した。打ち上げ海藻と芯ワカメを原料とし、200°Cと300°Cで焼成した海藻炭を製造した。これらの炭を用いて、市販セメントのブリージング水中の六価クロムの吸着試験を行った結果、目標通り、いずれの海藻炭も環境基準(0.05mg/L)以下に低減することができた。放射性セシウム汚染土壌の洗浄水(8944Bg/kg)について、吸着試験を行ったところ、当初の目標であった300Bg/kgを大きく下回る値にまで低減することができた。また、貝殻炭と橄欖岩を加えて固化することにより、これら有害物質の完全な不溶化を確認した。本研究の結果、海藻炭の実用化が可能となった。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る