研課題
J-GLOBAL ID:202104013885248666  研究課題コード:19317391

高効率非鉛圧電薄膜発電システムの実証展開

体系的課題番号:JPMJCR20Q2
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR20Q2
研究概要:
本研究の目的は、大変形および高い加速度・衝撃(高G)環境下で発電可能な非鉛圧電薄膜素子の実現、および充放電可能な薄膜二次電池を集積した自立型電源システムを創出する。これまで限定的な振動環境下でのみ使用可能であった振動発電素子の応用範囲を格段に広げることが可能となる。後半フェーズの目標は以下の通りである。 ・大変形、高G環境下で使用可能な圧電薄膜発電素子による無線通信実現 ・圧電薄膜振動発電素子と全固体Liイオン薄膜電池を統合した微小電源システム
研究制度:
上位研究課題: 微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る