研課題
J-GLOBAL ID:202104013923718248  研究課題コード:12101865

スギ花粉アレルゲンタンパク質上のヒト抗体結合配列の解析

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 農学部, 教授 )
研究概要:
本研究課題では、スギ花粉アレルゲンタンパク質Cry j1に対するIgMクラスヒトモノクローナル抗体を用い、当該IgM抗体がCry j1のアミノ酸配列をどのように認識するかを解明する。さらに得られた配列を含むペプチドによる「スギ花粉症の予防、治療」への道筋を示すことを目的とする。 IgM抗体はB細胞上のアレルゲンレセプターとして体内に侵入したアレルゲンタンパク質と結合する。B細胞内に取り込まれて分解された抗原ペプチドはT細胞に提示され、これを認識したT細胞はサイトカイン類を分泌して、B細胞をアレルギーを引き起こすIgE分泌形質細胞へとクラススイッチさせ、IgE抗体はスギ花粉症を発症させる。 アレルギー初期応答に必須のIgM抗体が結合するアミノ酸配列を含むペプチドによる、新たなスギ花粉症の予防、治療への道がひらけると期待される。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る