研課題
J-GLOBAL ID:202104013948611200  研究課題コード:12102433

有機強誘電体を用いたカテーテル型高感度触覚センサの開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院生命体工学研究科, 准教授 )
研究概要:
<目標>本研究では、有機強誘電体を用いたカテーテル型高感度触覚センサの開発を目指した。目標は、カテーテル型の試作品(直径:5 mm以下、最小検出感度:0.1 N以下)を開発することである。 <達成度>ポリフッ化ビニリデン(PVDF)フィルムを用いて、当初目標としたサイズ、感度のセンサは作製できた。また、センサを評価するための実験および数値解析手法の検討も行った。 <今後の展開>微細化に適したフッ化ビニリデン(VDF)と三フッ化エチレン(TrFE)のコポリマー(P(VDF/TrFE))などを用いて、さらにセンサの小型化を図っていく予定である。小型化などセンサ形状を最適化する際に得られた構造や作製方法に関する知見は、随時、特許申請を行っていく。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る