研課題
J-GLOBAL ID:202104013948819480  研究課題コード:11101758

ELIDファブリケーションの強靱な非晶質酸化層による「高耐久・顎骨再生インプラント」創製

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 病院:歯内歯周科, 助教 )
研究概要:
歯は、歯根表面と歯槽骨と歯根膜を介し接合し、加重分散を図り耐久性を維持するが、機能的組織結合はインプラント-顎骨間結合(オッセオインテグレーション)には見られず、耐久性・寿命には限界がある。 本課題でインプラント表面の機能化により顎骨間との3次元的線維結合構築を目指し、ELID研削法で純チタン材表面に微細構造 (マイクロトポグラフィー)を設ける表面改質を試み、ヒト由来組織培養細胞反応を検証した。 ELID法で改質された純チタン表面では培養細胞は旺盛に増殖・伸展し、生成表面トポグラフィーに沿った伸展が認められた。微細表面改質を施したインプラント体は生体と強固に接合し組織を介した機能的接合構築に有意義と思慮できる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る