研課題
J-GLOBAL ID:202104014019269553  研究課題コード:08000570

新しいアパタイト真空焼結体を用いた切削加工による再生生体部品の開発

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部機械工学科, 助教授 )
研究概要:
本研究では、病気やケガで骨自体を固定する金属製の補強プレートやネジを生体親和性がある骨材料のアパタイト単体で作製し、再生する生体部品の開発を目的とする。具体的には、新しい生体用アパタイトのチタンメディカルアパタイト(TMA)の真空焼結体を作製し、曲げ・衝撃試験による強度評価および現有の3D モデリングマシンや旋盤を用いて切削加工による補強プレートやネジを試作する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る