研課題
J-GLOBAL ID:202104014157015694  研究課題コード:11104174

多サイズ間横断型画質評価手法の研究開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学研究科, 助教 )
研究概要:
本研究の目的は、多サイズ間横断型画質評価手法の実現のため、二画像間の画素同士を対応付ける際、1画素で表される特徴「点」群ではなく、より多くの画素で表される特徴「領域」群(各々の領域が数十画素-百画素程度)によって対応させる技術を開発することである。初年度である今年度では、我々が先に出願した特許手法を元に、より主観的な評価に合致するための手法に関して研究を進めた。具体的には、先の手法と比較し、対応付ける参照範囲をより柔軟に設定するための各種技術を精査し、ソフトウェア上で実装した。先に出願した手法と比較し、画像のサイズに対する評価値が安定するという結果を得た。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る