研課題
J-GLOBAL ID:202104014217430629  研究課題コード:08069351

高比表面積アルミナをべースとした乾式フッ素回収技術

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , エコトピア科学研究所 )
研究概要:
フロン類、ハロン類など複数ハロゲンを含むフッ素素化合物ガスから、フッ素成分のみを選択的分離濃縮する固定化材料開発を行う。固定化剤には普及性が高く安価な活性アルミナ(高比表面積品:150m2/g以上)を含む反応材を用いる.これを加熱条件下ドライプロセスでフッ素化合物ガス(フロン類,ハロン類)と作用させ、フッ素のみを選択回収することにより、高純度のリサイクル価値の高い高品位フッ素リサイクル原料を得る。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る