研課題
J-GLOBAL ID:202104014303533970  研究課題コード:7700104779

バカ貝貝腸由来新規コンドロイチン硫酸の有用性

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院薬学研究院, 教授 )
研究概要:
千葉県産バカ貝は、可食部を除いた貝殻および内臓が産業廃棄物としてその処理が問題となっている。貝殻は石灰源として県内の製鉄所で有効利用が進んでいるが、内臓は乾燥粉砕後、家畜飼料としての利用が画策されているものの問題が多い。申請者等はバカ貝貝腸から、新規なコンドロイチン硫酸(以下CS と略記)を単離・抽出することに成功した。今回、その効率的抽出法の開発と、予想される生理活性について網羅的に、特に抗アレルギー活性、抗炎症活性などを詳細に検討し、まずはじめに特別保健食品(トクホ食品)および機能性食品として製品化することを目的とする。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る