研課題
J-GLOBAL ID:202104014507865122  研究課題コード:13409955

インフルエンザウイルス結合性糖鎖の合成と精製を簡略化する高結晶性シリル基の開発

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 理工学研究科, 准教授 )
研究概要:
嵩高いシリル基を糖水酸基の保護基として用いることで、オリゴ糖合成に欠かせない糖受容体を簡便に合成することができた。具体的に、インフルエンザ結合性糖鎖の合成に必要なラクトース受容体を市販のラクトースから一段階のシリル化反応だけで創製できた。さらに、このラクトース受容体とシアル酸供与体とのグリコシル化反応では、単離収率21%ではあるが非常に少反応数で目的のインフルエンザ結合性糖鎖を合成できた。シリル基による糖鎖誘導体の結晶性向上について、8種のケイ素置換基を調査した結果、p-アニシル置換のシリル基を用いた場合に結晶性が良くなることが分かってきた。さらに類似置換基の創製と結晶性の調査を継続していく。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る