研課題
J-GLOBAL ID:202104014536716730  研究課題コード:11102199

高殺菌機能性を付与した光触媒固定化ビーズの開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 国際環境工学部, 准教授 )
研究概要:
アルギン酸ゲルの三次元的な網目構造が光触媒の接触効率を高めることに着目をし、可視光応答型光触媒をアルギン酸ゲルに包括固定化することにより、従来にない高殺菌機能性を有する光触媒固定化ビーズの創生を行った。S-TiO2に銅を複合化することにより殺菌性能は飛躍的に向上し、本高性能光触媒ゲルビーズは大腸菌汚染水に対して、20000 Lxの可視光照射下において30分の接触で最大6オーダーの殺菌効果が認められた。また本ゲルビーズは、連続使用により若干の殺菌性能の低下が起こるものの、150時間の連続使用においても、180分の接触で6オーダーと高い殺菌性能が維持される結果となった。本成果により高性能光触媒ゲルビーズの水処理技術(殺菌処理技術)への利用可能性が大きく広がった。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る