研課題
J-GLOBAL ID:202104014581242803  研究課題コード:11103960

CCL2タンパク質によるヒトiPS細胞の安定培養

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , LSA要素技術開発グループ、LSA要素技術開発ユニット, 研究員 )
研究概要:
マウスにおいてフィーダー細胞なしの状態で、CCL2タンパク質がiPS細胞/ES細胞の未分可能を維持しながら安定して培養させることを見いだした。ヒトiPS/ES細胞においては、未分化能の状態がマウスiPS/ES細胞様のブラストシスト様幹細胞ではなく、エピブラスト様幹細胞であると報告されてきているが、CCL2を添加した培地で培養することで、遺伝子発現変動をみてみるとヒトiPS/ES細胞がエピブラスト様幹細胞からより未分化能が高いブラストシスト様幹細胞に変化していることが確認された。このことから、CCL2添加により、マウスのようにより安定した培養、増殖が可能になるだけでなく、より効率よく安全に分化誘導が可能になると期待される。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る