研課題
J-GLOBAL ID:202104014592817239  研究課題コード:09157939

食品中有害金属のバイオセンシング技術開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 農学部 )
研究概要:
機器分析を補う簡易検出技術を用いた食品・食材中の有害物質検出の需要が高まっている。本研究では食品検査に、開発した有害金属バイオセンサを応用するための技術開発を行う。室温または冷蔵でセンサ素子である細胞またはタンパク質-DNA複合体の活性を維持する保存法と、検出を阻害する食品中夾雑物質の効率的除去法について研究開発を行う。これにより、コストや処理能力に優れた有害金属の食品検査法を確立する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る