研課題
J-GLOBAL ID:202104014650581895  研究課題コード:10102013

組織傷害の原因となる活性化細胞をMRIで可視化する技術

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 環境医学研究所, 助教 )
研究概要:
iNOSプロモーター制御下においてFerritin-蛍光タンパク質を発現できる細胞を作製し、LPS刺激によって活性化した遺伝子導入細胞をMRIで検出できるか検討を行った。株化細胞や初代培養に遺伝子導入を行いLPSで刺激した。iNOSが誘導されることに伴いFerritin-蛍光タンパク質の発現増大が確認された。また、in vitro、in vivoともにMRIのT2強調画像においてFerritinと鉄の結合による陰性造影効果が確認できた。今後、パーキンソン病などの中枢変性疾患や急性炎症のモデル動物を用いて、活性化する細胞のイメージングを行っていく予定である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る