研課題
J-GLOBAL ID:202104014674453758  研究課題コード:08001404

肝再生治療薬HB-EGFの臨床化を目指した試験研究

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医歯学総合研究科 細胞生物構造学, 教授 )
研究概要:
本邦だけでも毎年約20 万人が発症する急性肝炎には、未だ根治的医薬がない。そのため1.2%は劇症肝炎へと進展し、その際の致死率は未だ約70%である。代表研究者はまず、HGF(肝細胞増殖因子)で劇症肝炎の発症が阻止できることを見いだし(BBRC 1998, Hepatology 1999、特許出願)、さらに新規の増殖因子のHB-EGF(ヘパリン結合EGF 様増殖因子)がHGF を凌ぐ治療作用を持つことを見いだした(J Hepatol 2006、国際PCT 出願中)。よって本課題では、難治性肝疾患への初めての根治医薬/特効薬としてHB-EGF 医薬の実用化のため、肝硬変への適応拡大と安全性確証の前臨床研究を動物で行う。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る