研課題
J-GLOBAL ID:202104014816212249  研究課題コード:13426643

高性能スピン偏極電子顕微鏡の活用・普及促進

体系的課題番号:JPMJSN13E2
実施期間:2013 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , エレクトロニクス基礎研究所, 所長・教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN13E2
研究概要:
【装置】本プログラム「要素技術タイプ」および「機器開発タイプ」において開発した「高性能スピン偏極電子顕微鏡」を開放(共同利用)する。この装置は、超高輝度(市販品の1万倍以上)、高スピン偏極(同3~4倍)、長寿命(同300倍以上)と圧倒的に高い性能を持つ「スピン偏極電子顕微鏡」である。 【内容】「スピン偏極電子顕微鏡」を広く国内外に共同利用装置として公開するとともに、ユーザーの声を反映させ、さらなる性能とユーザビリティの向上を図る。スピントロニクスで必要とされる高性能磁性薄膜材料開発などに大きな貢献をすることが期待される。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る