研課題
J-GLOBAL ID:202104014818275019  研究課題コード:09157115

酸化チタン殺菌皮膜の大気中高速成膜技術の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 助教 )
研究概要:
インフルエンザなどのウイルスや病原菌への感染は人類にとって大きな脅威である。これらウイルスや菌を短時間で死滅させ、かつ人体に無害な技術として、銅担持酸化チタンの光触媒作用を用いた殺菌特性付与がある。これを、病院の壁など大面積へ成膜する技術の確立が求められている。本研究では大気中で原料粉末を吹き付けるのみの簡便な成膜技術であり、かつ原料粉末と同等以上の特性が期待できるコールドスプレー法による銅担持酸化チタン成膜技術の実用化を図る。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る